等妙寺観音堂 附厨子 とうみょうじかんのんどう つけたりずし

その他の画像全3枚中3枚表示

建造物 / 江戸 / 中国・四国 

愛媛県
江戸中期/1750年前後
等妙寺観音堂は、禅宗様式の三間四面堂で、屋根は宝形造り、本瓦葺である。真ん中の1間が100.5寸と広く、その両側は70.0寸で、通常の堂よりも大きく屋根の高さも高く造られている。細…
1間幅70、100.5、70寸、正面庇96寸
2棟
愛媛県北宇和郡鬼北町大字芝612
鬼北町指定
指定年月日:20130326
等妙寺
有形文化財(建造物)

宇和島領寺院帳に宝暦5年(1755)如意輪堂再建とあり、本尊の木造菩薩坐像(伝如意輪観音)を安置するための堂として建立されたものとみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

等妙寺観音堂 附厨子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

等妙寺鐘楼
等妙寺山門
絹本著色地蔵菩薩及び二童子像図
等妙寺蔵宮殿
絹本著色釈迦三尊十六善神像図
ページトップへ