柏木B遺跡環状土籬出土品(石棒12、玉類140) かしわぎびいいせきかんじょうどりしゅつどひん

その他の画像全9枚中9枚表示

石器・石製品類 / 縄文 / 北海道 

北海道
縄文時代後期後葉
石棒 ひすい小玉
別紙参照
152点
北海道恵庭市南島松157番地2
恵庭市指定
指定年月日:20130507
恵庭市教育委員会
有形文化財(美術工芸品)

昭和52~54粘土、市内柏木町の段丘縁で行われた農地基盤整備事業に伴う発掘調査によって、縄文時代後期後葉の集団墓地「環状土籬」を調査し、1~3号環状土籬から多数の土坑墓が検出された。この土坑墓群から副葬品として石棒、玉など多数の遺物が出土した。これらは当時の北海道の葬制、習俗、装身文化を伝える資料として重要で、日本列島における縄文時代の社会構造を考えるうえで貴重な考古学的資料である。なお、石棒2点(2003号墓出土、3007号墓出土)については、平成5年3月26日付けで恵庭市有形文化財に指定されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

柏木B遺跡環状土籬出土品(石棒12、玉類140)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西島松5遺跡土坑墓出土品(漆塗り装身具)
柏木B遺跡出土品
カリンバ遺跡土坑墓出土品
柏木川4遺跡土坑墓、旧河道出土品(石器1、土器5、土製品2、繊維製品6ブロック48点)
カリンバ遺跡
ページトップへ