喜屋武海岸及び荒崎海岸 きゃんかいがんおよびあらさきかいがん

その他の画像全6枚中6枚表示

海浜 / 沖縄 

沖縄県
沖縄県糸満市
指定年月日:20120919
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

沖縄本島最南端にあたり、伝説に関連して信仰の対象となった巨岩があるなど精神的な意義を持つ海岸。琉球石灰岩の海岸段丘及びサーフベンチの海食(かいしょく)地形、海波の影響の程度による植生の帯状分布など、独特の地質・植生が優秀な風致景観を形成しており、貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

喜屋武海岸及び荒崎海岸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久高島の海岸植物群落
下地島の通り池
久部良バリ及び久部良フリシ
アマミクヌムイ(アマミクの杜) 今鬼神ノカナヒヤフ(テンチジアマチジ)及びこはおの御嶽(クバの御嶽)<BR/>久高コハウ森(久高のフボー御嶽)
喜界島の隆起サンゴ礁上植物群落
ページトップへ