北海道松法川北岸遺跡出土品 ほっかいどうまつのりかわほくがんいせきしゅつどひん

考古資料 / 飛鳥  奈良 / 北海道 

北海道
オホーツク文化期
一括
北海道目梨郡羅臼町峯浜町307-1
重文指定年月日:20150904
国宝指定年月日:
登録年月日:
羅臼町
国宝・重要文化財(美術品)

 7~8世紀頃、オホーツク文化期の集落跡出土品の一括。土器・土製品64点、石器・石製品百20点、木製品37点、樹皮製品6点、鉄刀子5点、骨角製品28点で構成される、総数260点の遺物。
 木製品は、大小の槽(そう)、皿、椀、杓子(しやくし)などの什器(じゆうき)類、矢筒(やづつ)などの狩猟具類、熊や、シャチなどの動物意匠が彫刻された祭祀具類など多岐にわたる。動物意匠遺物は、土製品・骨角器にもある。この他石鏃・石錘・浮子・銛頭(もりがしら)・釣針等もある。
オホーツク文化を担った人々の集落跡出土品一括であり、当時の精神文化や、生活を復元するうえで、その学術価値はきわめて高い。

作品所在地の地図

関連リンク

北海道松法川北岸遺跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北海道コタン温泉遺跡出土品
新潟県元屋敷遺跡出土品
新潟県室谷洞窟遺跡出土品
北海道美々8遺跡出土品
北海道船泊遺跡出土品
ページトップへ