乾漆伎楽面 かんしつぎがくめん

その他 / 奈良 / 関東 

東京都
奈良時代
縦31.2センチメートル、横26.0センチメートル、奥25.0センチメートル
1面
東京都千代田区霞が関3-2-2
重文指定年月日:20150904
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

麻布を貼重ねて木屎漆で塑形する伎楽面で、形相から役柄は金剛にあてられる。正倉院・東大寺伎楽面の代表的な作者の一人で、木造面と乾漆面の双方を手掛けた相李魚成が天平勝宝四年(752)の東大寺大仏開眼会所用面として造ったものとみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

乾漆伎楽面チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造伎楽面/乾漆伎楽面
木造伎楽面/乾漆伎楽面

相李魚成(乾漆伎楽面)

木造伎楽面
乾漆伎楽面
乾漆伎楽面
木造伎楽面(上牛甘作/)
ページトップへ