養父市大屋町大杉 やぶしおおやちょうおおすぎ

その他の画像全2枚中2枚表示

農・山村集落 / 近畿 

兵庫県
5.8
兵庫県養父市
選定年月日:20170731
重要伝統的建造物群保存地区

養父市大屋町大杉は、市域を東流する大屋川の中流域左岸に所在し、16世紀半ばには集落が形成されていたとみられ、江戸時代に副業として営まれていた養蚕が、明治末期から昭和初期にかけて主産業となり、専業化が進んだ。近代における養蚕業の発展、専業化とともに、大正期頃には、保温性と通気性を備え、当地での養蚕に適した三階建、大壁造の特徴的な主屋の形式が成立した。伝統的な主屋と共に、土蔵等の附属屋、社寺建築、石垣、水路、水場(アライト)などが一体となって、但馬地域における山村集落の歴史的風致を良く伝える伝統的建造物群保存地区。

作品所在地の地図

関連リンク

養父市大屋町大杉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

輪島市黒島地区
牟岐町出羽島
篠山市福住
白山市白峰
甲州市塩山下小田原上条
ページトップへ