群童遊戯図屏風 ぐんどうゆうぎずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 

曽我蕭白筆
江戸時代 18世紀
紙本銀地著色
各 縦166.8 横369.0
6曲1双

近年まで秘蔵されていた幻の曾我蕭白(1730〜1781)の屏風絵。後世の画家による模写(コピー)で知られていた作品が出現し、当館の所蔵となった。
柳樹や牛、川などの背景を左右に配し、戸外に遊ぶ子供たちと二人の女性を描いた作品の特徴は、珍しく銀地をバックにする奇矯な人物の描写である。人物の服装が彩色や水墨、金泥を自由にもちいて描かれており、曾我蕭白の多彩な表現を伝える絵画として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

群童遊戯図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松鷹図
松鷹図

曾我蕭白

紙本著色群仙図〈曽我蕭白筆/三十五歳の款記がある/六曲屏風〉
倣曾我蕭白山水図屏風
許由巣父図屏風
許由巣父図屏風

曾我蕭白筆

林和靖図屏風
林和靖図屏風

曾我蕭白

ページトップへ