神戸女学院 理学館 こうべじょがくいん りがくかん

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 昭和以降 / 近畿 

昭和/1933
鉄筋コンクリート造、建築面積1,255.18㎡、二階建、桟瓦葺
1棟
重文指定年月日:20140918
国宝指定年月日:
学校法人神戸女学院
重要文化財

神戸女学院は,明治初期にアメリカ婦人宣教師により開かれた私塾に始まるが,昭和8年に現在地に移転し,校舎を新築した。設計はヴォーリズ建築事務所による。各建物は,スクラッチ・タイルやS字瓦などで外観をスパニッシュ・ミッション風に統一しながらも,機能的に求められた空間の独創的な構成や,微妙に変化に富む細部の造形で個性を持たせるなど,美的均整の追求と実用への配慮が十全に達成されており,意匠的に優れている。神戸女学院は,女子高等教育の理念の具現を目指して,台地の地勢や豊かな自然との調和をふまえた合理的なキャンパス計画に基づき,平面計画も含めて完成度の高い統一感のある建物群で構成されており,昭和初期の学校建築として価値が高い。

関連リンク

神戸女学院 理学館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

神戸女学院 社交館
神戸女学院 エッジウッド館
神戸女学院 文学館
神戸女学院 正門及び門衛舎
神戸女学院 音楽館
ページトップへ