尾張津島天王祭の車楽舟行事 おわりつしまてんのうまつりのだんじりぶねぎょうじ

無形民俗文化財 

中部
愛知県津島市、愛西市
2016年 ユネスコ 無形文化遺産保護条約 「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に「山・鉾・屋台行事」として登録
保護団体:尾張津島天王祭協賛会
重要無形民俗文化財(風俗慣習:祭礼(信仰))昭和55年1月28日指定

この行事は、津島神社の祭で行われる行事で、宵祭と朝祭からなる。宵祭は、半円山型に365箇の提灯を飾った5艘の舟が御旅所に神幸する。朝祭では市江車を先頭として再び5艘の舟が御旅所へ上る。市江車から裸の若者が川に飛び込み、舟より先に着岸して御旅所に参拝する。続いて舟から稚児が上陸し、御旅所に参拝する。稚児は神輿の還御に供奉して津島神社に行き、拝殿で太鼓を打つ。

関連リンク

  • ユネスコ 無形文化遺産 (文化庁)
  • 山・鉾・屋台行事

尾張津島天王祭の車楽舟行事チェックした作品をもとに関連する作品を探す

尾張津島天王祭の車楽舟行事
津島神社の天王祭
古川祭の起し太鼓・屋台行事
須成祭の車楽船行事と神葭流し
高山祭の屋台行事
ページトップへ