鬪雞神社 本殿 とうけいじんじゃ ほんでん

建造物 / 近畿 

和歌山県
江戸中期
桁行二間、梁間一間、一重、隅木入春日造、檜皮葺
1棟
和歌山県田辺市東陽
重文指定年月日:20170223
国宝指定年月日:
重要文化財

鬪雞神社は,熊野参詣道の大辺路沿いに境内を占める神社で,元暦元年(1184)に紅白の鶏を闘わせて源平合戦を占った故事からかつては「鶏合権現」などと称された。
本殿をはじめとする社殿群は,6棟が一直線に並び建つ構成になり,その社殿形式や配置に熊野本宮の伝統形式をよく伝えている。各社殿の建立年代が明らかで,軸部の技法的特徴や細部意匠に地方的特色を備えており,紀南地方における近世社寺建築の展開を理解する上で,高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

鬪雞神社 本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岩屋神社 本殿
八幡宮 楼門
三尾神社本殿
八幡宮 本殿
岩屋熊野座神社 拝殿
ページトップへ