聴竹居(旧藤井厚二自邸) 本屋 ちょうちくきょ ほんや

住居建築 / 近畿 

京都府
昭和/1928
木造、建築面積173.20平方メートル、鉄板葺一部桟瓦葺、導気口付
1棟
乙訓郡大山崎町大字大山崎小字谷田77番
重文指定年月日:20170731
国宝指定年月日:
重要文化財

聴竹居は,京都帝国大学教授藤井厚二が住宅の理想を追求し,試行を重ねて完成させた自邸である。本屋は昭和3年の建築で,機能性や合理性を重視した平面計画になり,幾何学的形態と和風のしつらえを組み合わせ、洗練された空間を実現している。また妻壁に換気窓を,床下に導気口を設けるなど,室内環境改善の工夫も試みられる。敷地内には,閑寂を楽しむための「閑室」や「茶室」が建てられ,いずれも数寄屋の意匠を基本としながら伝統にとらわれない自由な設計となっている。
聴竹居は,工学的理論に基づいて設計された木造モダニズム住宅の先駆的事例として,住宅史上,建築学上,高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

聴竹居(旧藤井厚二自邸) 本屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

アサヒビール大山崎山荘美術館彩月庵(茶室)
喜多家住宅主屋
アサヒビール大山崎山荘美術館橡の木茶屋
離宮八幡宮拝殿
清風荘 土蔵
ページトップへ