桑田家住宅主屋 くわだけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

広島県
江戸/1830~1868
木造平屋建、茅葺(鋼板仮葺)、建築面積174㎡
1棟
広島県府中市本山町字東谷ヨリムネ1517-1
登録年月日:20171027
登録有形文化財(建造物)

崖地に高い石垣を築いて整形した土地に建つ農家。江戸末期の当地方における大型農家の標準的な平面を持つ。床の間等は近代の改造で設けられたもの。屋根は入母屋造の茅葺で、現在鉄板で覆われている。地域の近世以来の歴史を今に伝える建築である。

作品所在地の地図

関連リンク

桑田家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中野家住宅主屋
旧齋藤家住宅主屋
桑田家住宅離れ
栗木家住宅主屋
大橋家住宅主屋
ページトップへ