水野忠央筆 特進之和歌 みずのただなかひつ とくしんのわか

江戸 / 和歌山県 

水野忠央 (1814~1865)
みずのただなか
安政7年/1861年
一幅
和歌山市湊本町3‐2
和歌山市立博物館

安政7年2月14日に特進の礼を仰せつけられた紀州藩付家老・水野忠央が詠んだ和歌。忠央は家茂の養育や将軍就任への功績が認められた。「みめくみの うれしきこゑを 千代かけて 竹の垣ねに やとすうくひす」「御こゝろの みめくみふかき うれしさの なみ駄におつる 軒の春雨」と詠んでいる。

作品所在地の地図

関連リンク

水野忠央筆 特進之和歌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山川水野家墓所
徳川吉宗肖像
紀州和歌之浦の勝景
旧徳川八代将軍宣下之図
慈円筆 懐紙
ページトップへ