須恵器 大甕 すえき おおがめ

土器・土製品類 / 奈良  平安 / 近畿 

大阪府
奈良時代後半から平安時代初頭
 口縁部2箇所に欠損部分があるものの、ほぼ完形である。
 頸部は48.2cmと幅広で、口頸部長が6.5cmと短い。肩部が外に大きく張り出し、尖底に近い丸底を呈する。体部外面には、格子…
口径 52.6㎝、器高 105.0㎝、最大胴部径 107.8㎝(底部から65.9㎝の地点)
容量 522.6㍑。
1口
大阪府三島郡島本町桜井一丁目3番1号
島本町指定
指定年月日:20150401
島本町教育委員会
有形文化財(美術工芸品)

 胎土は灰白色を基調とした精良なもので、1㎜以下の石英・長石・チャートを含む。焼成は良好。肩部及び頸部に自然釉の付着が見られる。色調は明青灰色(N6/O灰)を呈するが、一部、埋没時に付着した鉄分による赤褐色部分がある。
 製作技法は、粘土紐を積み上げ、タタキで形成されており、須恵器甕の基本的な技法である。

作品所在地の地図

関連リンク

須恵器 大甕チェックした作品をもとに関連する作品を探す

須恵器 多嘴壺
渥美 灰釉壷(伝 一本松経塚出土)
灰釉長頸瓶
檜垣文壺〈信楽/〉
美濃伊賀水指
ページトップへ