兵庫県茶すり山古墳出土品 ひょうごけんちゃすりやまこふんしゅつどひん

考古資料 / 近畿 

兵庫県
古墳
一括
兵庫県朝来市山東町大月91-2
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、兵庫県茶(ちや)すり山(やま)古墳から出土した副葬品と埴輪の一括である。
 茶すり山古墳は兵庫県朝来市(あさごし)和田山町(わだやまちよう)筒(つつ)江(え)字梨(なし)ケ谷(だに)に所在し、長径約九十メートル、短径約七十八メートル、二段築成の円墳である。
 平成十二年度~平成十四年度(二〇〇〇~二〇〇二年度)、北近畿豊岡自動車道建設に伴う発掘調査で、未盗掘の二基の埋葬施設(木棺直葬)から、多量の副葬品が出土した。
 本件は、この発掘調査で出土した主要な出土品六百六十四点で、その内訳は第一主体部の出土品が金属製品五百点、玉四十一点、漆製品残欠十七点、第二主体部の出土品が金属製品七十二点、玉二十点、竪櫛(たてぐし)二点、墳丘の出土品が埴輪十二点である。
 金属製品では、第一主体部出土の二組の甲冑が特筆される。三角板革綴襟付短甲(さんかくいたかわとじえりつきたんこう)は畿内以外の地域では初の出土例で、三角板革綴衝角付冑(かわとじしようかくつきかぶと)と組み合う。もう一領は長方板革綴短甲で、頸(あかべ)甲(よろい)・肩甲(かたよろい)・竪矧板鋲留衝角付甲冑(たてはぎいたびようどめしようかくつきかぶと)と組み合い、鋲留技法導入期の良好な出土例である。また第一主体部からは、刀剣類や鉄鏃など多量の武器も出土しており、被葬者の武人的性格が強く示されている。
 埴輪には、円筒埴輪と朝顔形埴輪のほか、入母屋造の大型家形埴輪や線刻文様で飾る翳(さしば)形埴輪が含まれ、埴輪祭祀の具体像も復元できる。
 これらは畿内周縁の有力首長墳における葬送儀礼の実態、畿内政権と地域首長との関係、古墳時代の工芸…

作品所在地の地図

関連リンク

兵庫県茶すり山古墳出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

溝口の塚古墳出土品
長崎県原の辻遺跡出土品
宮崎県島内地下式横穴墓群出土品
茶すり山古墳
埴輪 短甲の武人
ページトップへ