旧報恩寺庭園 きゅうほうおんじていえん

庭園 / 江戸 / 九州 

宮崎県
江戸
宮崎県日南市
登録年月日:20150126
管理団体名:
登録記念物

旧報恩寺(きゅうほうおんじ)庭園は日南市内を流れる酒谷川(さかたにがわ)の右岸,飫肥(おび)城下町の外側に位置する。報恩寺は飫肥藩主伊東氏の菩提寺で,天正16年(1588)に飫肥に入った初代藩主伊東祐兵(すけたけ)によって創建された臨済宗の寺院であった。明治5年(1872)に廃絶したが,その後飫肥藩士族によって板敷(いたじき)村に祀られていた伊東氏の氏神八幡社が遷され五百禩(いおし)神社となった。
庭園は,東西に延びる現社殿の軸線上の南側に位置し,急傾斜の露出した溶結凝灰岩の岩盤及びその裾に広がる細長い園池を中心とする。飫肥地区の溶結凝灰岩はシラスが固まったもので,飫肥石と呼ばれる。岩盤の高さは15mほどあり,そこに立石,三連の石橋などが配され,主要な景を成す。特に,立地を活かして岩盤に架けられた石橋は,独特の景観を形成している。
飫肥藩主の菩提寺に地形を活かして造られた旧報恩寺庭園は,その独自の意匠をよく伝え,近世の南九州地方の造園文化の発展に寄与した意義深い事例である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧報恩寺庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧伊東伝左衛門庭園
日南市飫肥(武家町 宮崎)
日南市飫肥
鳥濱氏庭園
志布志麓庭園<BR/> 天水氏庭園<BR/> 平山氏庭園<BR/> 福山氏庭園
ページトップへ