花鳥図屏風 かちょうずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 

曽我二直庵筆
江戸時代・17世紀
紙本着色
各153.6×366.0
6曲1双

 獲物を襲【おそ】う、追いかける、岩上で羽を繕【つくろ】う、枝上で獲物を捜す。獰猛な鷹の姿が四通りに変化。デフォルメされた樹木の幹や岩、激しすぎる水しぶきなど、強い視覚効果と動勢が求められている。堺を拠点に京都・奈良で活躍した近世曽我派第二代の晩年の優作だ。(150804_h07)

作品所在地の地図

関連リンク

花鳥図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

枯木花鳥図屏風
枯木花鳥図屏風

山卜良次筆

四季花鳥図屏風
四季花鳥図屏風

伝雪舟等楊筆

鷙鳥図屏風
鷙鳥図屏風

筆者不詳

鷺鷲図屏風
鷺鷲図屏風

曽我二直庵

山水図屏風
山水図屏風

曽我蕭白

ページトップへ