肩脱二枚胴具足 かたぬぎにまいどうぐそく

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1領

板札を金箔押しとし、紫・紅・萌黄・紺・白糸で威した色々糸威の具足。胴は右肩を肩肌脱ぎとして乳房や肋骨、背骨を表現してる。兜は鉢に熊毛を植え、正面に眉や皺を打出す。華やかな色彩感と、リアルで奇抜な表現が独特の迫力を生み出している。(いたざね、きんぱく、もえぎ、かぶと、まゆ、しわ)(2004/09/01_h05)(130709_h056)

作品所在地の地図

関連リンク

肩脱二枚胴具足チェックした作品をもとに関連する作品を探す

熊毛植二枚胴具足
金小札紅糸威五枚胴具足
紅糸威二枚胴具足
白糸威二枚胴具足
色々糸威二枚胴具足
ページトップへ