旧松浦家住宅 主屋 きゅうまつうらけじゅうたく おもや

建造物 / 東北 

秋田県
明治
木造、建築面積224.41平方メートル、2階建、鉄板葺
1棟
秋田県横手市増田町増田字七日町139番地
重文指定年月日:20170223
国宝指定年月日:
重要文化財

旧松浦家住宅は,横手市増田伝統的建造物群保存地区のほぼ中央に位置する。主屋は明治22年,後方の座敷蔵は明治36年の建築で,主屋から後方にのばすサヤと呼ばれる覆屋で座敷蔵を覆い,主屋と一体的な構成とする。
旧松浦家住宅は,主屋のほか,座敷蔵,米蔵ともに建築年代が明らかであり,伝建地区内で明治期に遡るこれら3棟が完存する唯一の遺例として貴重である。また主屋が当地方の伝統的な住宅形式をよく伝えるとともに,座敷蔵の装飾化や洋風の小屋組の採用などに,増田における住宅の近代的変容の端緒をよく示しており,価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

旧松浦家住宅 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐藤家住宅 主屋
旧増田家住宅 石蔵
旧増田家住宅 なかえ
旧増田家住宅 おもて
草野家住宅 座敷蔵
ページトップへ