三角縁三神三獣鏡 さんかくぶちさんしんさんじゅうきょう

出土地:香川県高松市 石清尾山猫塚古墳出土
古墳時代・4世紀
1面

高松平野の独立丘陵に分布する石清尾山古墳群の一つで、積石塚形式の墳丘をもつ双方中円墳(全長97m)です。1943(昭和18)年に発掘調査が行われ、中央円丘部に大型竪穴式石室と複数の小型竪穴式石室が検出されました。過渡的墳丘をもつ古墳として注目されます。 (香川県高松市 石清尾山猫塚古墳出土品 解説)

作品所在地の地図

関連リンク

三角縁三神三獣鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石清尾山古墳群
一仙一禽四獣鏡
津田古墳群
埴科古墳群         <BR/>   森将軍塚古墳     <BR/>   有明山将軍塚古墳 <BR/>   倉科将軍塚古墳   <BR/>   土口将軍塚古墳
斜縁四獣鏡
ページトップへ