心葉形杏葉 しんようけいぎょうよう

出土地:静岡県島田市 御小屋原古墳出土
古墳時代・6世紀
1個

馬装の装飾化は、轡(くつわ)や鞍(くら)、鐙(あぶみ)にとどまらない。馬具を装着するための革帯から垂下する杏葉(ぎょうよう)・馬鐸(ばたく)・馬鈴(ばれい)、革帯の交差部分を留める雲珠(うず)、歩揺(ほよう)付飾金具等は、視覚的、聴覚的に騎乗者の威信を表象した。銅に金鍍金を施した金銅製、白銅色に輝く鋳銅製のものがみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

心葉形杏葉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

馬形埴輪
金銅装雲珠
双鳳文杏葉(奈良県珠城山三号墳出土)
宮垣外遺跡 土坑64出土品
忍冬唐草文鏡板(奈良県珠城山第三号墳出土)
ページトップへ