鴟尾 しび

出土地:大阪府柏原市 鳥坂寺跡(高井田廃寺)出土
飛鳥~奈良時代・7~8世紀
1個

方形の透し穴のある方を大棟(おおむね)に取り付け、大棟両端を装飾する瓦です。中国北魏(386~534年)の頃に作られ始めました。鳥坂寺は7世紀創建の寺院址で、この鴟尾は昭和4年(1929)に葡萄畑から発見されました。腹部の蓮華(れんげ)文(もん)から、7世紀後半から8世紀初頭の所産と考えられます。(平・考_151014)

作品所在地の地図

関連リンク

鴟尾チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳥坂寺跡
蓮華文鬼瓦
素弁八葉蓮華文軒丸瓦(伝奈良県横井廃寺出土)
単弁八葉蓮華文軒丸瓦(伝奈良県山村廃寺出土)
パルメット文隅木蓋瓦(伝和歌山県上野廃寺出土)
ページトップへ