色々糸威二枚胴具足 いろいろいとおどしにまいどうぐそく

安土桃山~江戸時代・17世紀
1領

 元和2年(1616)、徳川家康の遺品として尾張徳川家へ譲られた16領の同形の具足のうちの1領と考えられている。紅・白・縹(はなだ)・紺の色々糸威の具足で、兜の吹返(ふきかえし)や草摺(くさずり)の裾板(すそいた)に桐文の蒔絵を施す。近年まで豊臣秀吉の七騎の影武者の具足といわれていた。(2005/12/20_h05)(120724/h056)

作品所在地の地図

関連リンク

色々糸威二枚胴具足チェックした作品をもとに関連する作品を探す

熊毛植二枚胴具足
白糸威二枚胴具足
肩脱二枚胴具足
紅糸威二枚胴具足
黒糸威二枚胴具足〈兜・小具足付/(榊原康政所用)/〉
ページトップへ