十六羅漢像 じゅうろくらかんず

その他の画像全5枚中5枚表示

絵画 

金大受筆
制作地:中国
南宋時代・12世紀
絹本着色
各118.8×51.7
10幅
銘文:大宋明州車橋西金大受筆
重要文化財

金大受(きんたいじゅ)は中国南宋の仏画師。浙江省(せっこうしょう)の寧波(にんぽう)で活動しました。寧波は日本の貿易船の寄港地であったため、寧波の仏画師の描く羅漢図は多く日本にもたらされました。羅漢達の風貌は比較的穏やかで、構図も整理されています。商品としても流通した寧波羅漢図の1遺例。

作品所在地の地図

関連リンク

十六羅漢像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色羅漢像〈金大受筆/〉
仏涅槃図
仏涅槃図

陸信忠筆

老松図軸
老松図軸

金湜筆

羅漢図  
十王図
十王図

陸信忠筆

ページトップへ