弥勒仏立像 みろくぶつりゅうぞう

彫刻 

中国・北魏時代 太平真君4年(443)
銅造
高53.5
1軀
重要文化財

中国・北魏時代の太平真君4(443)年に造られた大型の金銅仏。微笑みを浮かべた表情や複数の稜線で表される着衣の衣文などはこの時代の金銅仏の特徴であるが、頭髪が渦巻き、薄手の着衣を通してたくましい肉体の起伏が表されるなど、西方からの影響もみられる。中国の古代仏教彫刻の変遷をたどる上で極めて重要な遺品である。

作品所在地の地図

関連リンク

弥勒仏立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅造如来立像
釈迦多宝二仏並坐像
二仏並坐像
十一面観音立像
金銅如来立像
ページトップへ