吉井のシシウチ行事 よしいのししうちぎょうじ

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

選定年月日:20180308
保護団体名:特定せず
備考:公開日:毎年12月12日ほか(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 吉井町の各所では,毎年12月になるとシシウチといって,翌年1年間,猪等の害獣に作物が荒らされないよう,豊作を願う行事が伝えられている。
例えば、吉井町乙石尾では,12月12日の午前中,戸主らが山中と集落の境界に位置する山の神のオコクラに集まり,神主による所定の儀式があったのち,入れ代わり立ち代わりして,猪に見立ててシトギ餅で拵えたシシに向かって,次々と矢を放っていく。当たれば運に恵まれるなどという。終わると,仕留めたシシをちぎっては丸め,シシ肉と称して焚火であぶり,御神酒を戴きつつ,皆で焼いて食べる。以後は公民館に場を移し直会となって,この行事は終了する。
(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

吉井のシシウチ行事チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠江のシシウチ行事
烏喰の行事
戸沢のねじ行事
設楽のシカウチ行事
乙父のおひながゆ
ページトップへ