里見八犬伝 富山の窟

三代歌川豊国
弘化〜嘉永年間
<判組>大判横3枚続

役者絵。嘉永5年(1852)市村座上演の際のものか。脚色によって、伏姫・金鞠大輔・里見義実のほかに八房の霊を描く。

作品所在地の地図

関連リンク

里見八犬伝 富山の窟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

里見八犬伝 富山の窟
里見八犬伝 富山の窟

三代歌川豊国

里見八犬伝 富山の窟
里見八犬伝 富山の窟

三代歌川豊国

里見八犬伝 富山の窟
里見八犬伝 行徳の入江
里見八犬伝 行徳古那屋
ページトップへ