泉坊書院 いずみのぼうしょいん

建造物 / 江戸  明治  大正 / 日本  近畿  京都府 

京都府
江戸時代初期、明治〜大正時代頃/1600年代前半、1898〜1900年代前半
木造
1棟
京都府八幡市八幡女郎花43-1
八幡市
国史跡・名勝、京都府登録文化財(部分)

男山の寺坊のひとつ・泉坊の書院で、草庵「松花堂」と同じく明治の神仏判然令により男山から仏教施設が取り払われた際、山麓に移築された。現存する建造物は明治31年(1898)に上棟された後、大正期にかけて増改築され、江戸時代初期の泉坊書院の遺構と近代の増改築部分からなる。「玉座の間」(9畳)と座敷(8畳)、玄関は京都府登録文化財。

作品所在地の地図

関連リンク

泉坊書院チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草庵「松花堂」
松花堂及び書院庭園
松花堂およびその跡
慈済院書院
中村家住宅大歌堂
ページトップへ