豊田式三十九年式織機 とよだしきさんじゅうきゅうねんしきしょっき

その他 / 昭和以降 

豊田 佐吉 (1867-1930)
とよだ さきち
愛知県
昭和以降/1994
117×208×137
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
1906年販売
株式会社豊田自動織機

豊田佐吉が厚地物も織れるように発明した画期的な「アンクル式たて糸送り出し装置」のほか「たて糸切断自働停止装置」などを装着して、三十八年式動力織機をさらに改良し、能率と織物品質の向上をはかりました。そのうえ、安価でもあったので一層の好評を得ました。
展示機は、1907年のカタログ、写真、特許明細書を基に考証して、1994年に複製したものです。

関連リンク

豊田式三十九年式織機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

豊田式鉄製自動織機(T式)
豊田式小幅動力織機(I式)
豊田式鉄製広幅動力織機(N式)
豊田式木製人力織機
豊田式木製人力織機

豊田 佐吉

豊田式糸繰返機
豊田式糸繰返機

豊田 佐吉

ページトップへ