海老喜旧酒蔵(蔵の資料館) えびききゅうさかぐら(くらのしりょうかん)

建造物 / 江戸 / 東北 

宮城県
江戸/1830~1868
土蔵造平屋一部二階建、瓦葺、建築面積153㎡
1棟
宮城県登米市登米町登米字寺池三日町22
登録年月日:20180510
登録有形文化財(建造物)

敷地後方の北西隅に南面して建つ。明治四一年まで酒蔵に使用され、二階に酒神を祀る神棚が設けられている。東西棟の切妻造桟瓦葺、外壁漆喰塗で、腰を竪板張とする。内部は三重梁の梁組を一間ごとに配し貫で連結する。伝統的な酒造の有様を伝える長大な蔵。

作品所在地の地図

関連リンク

海老喜旧酒蔵(蔵の資料館)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

海老喜旧醤油仕込蔵(海老喜ホール)
海老喜文庫蔵
海老喜味噌醤油仕込蔵
海老喜表蔵
海老喜旧店舗
ページトップへ