賀茂神社大鳥居 かもじんじゃおおとりい

建造物 / 江戸 / 中部 

福井県
江戸時代中期/1688~1704
木造・両部鳥居
柱間6.7m、高さ8.1m
1基
福井県福井市加茂町7-1
福井県指定
指定年月日:20180330
有形文化財(建造物)

大鳥居は、境内南側に位置し、柱間6.7m、高さ8.1mの規模をもつ大型の木造両部鳥居である。材は神社境内の大杉を用いたと伝わり、丹塗を施す。建立は元禄年間(1688~1704年)と伝わり、素朴で豪放な様子から、その頃の建立とみてよい。
県内では、敦賀市・気比神宮大鳥居(1645年/重要文化財)に次ぐ規模と古さを有し、県内における木造両部鳥居の遺構として貴重である。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

賀茂神社大鳥居チェックした作品をもとに関連する作品を探す

気比神宮大鳥居
岩屋熊野座神社 鳥居
氣比神宮大鳥居
厳島神社大鳥居
岩屋熊野座神社 覆屋
ページトップへ