三鏡(大鏡・水鏡・増鏡) さんきょう(おおかがみ・みずかがみ・ますかがみ)

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 

26.1×19.2cm
21冊
愛媛県歴史文化博物館
未指定

平安時代後期から南北朝期成立の紀伝体の歴史物語「大鏡」(八巻)・「水鏡」(三巻)・「増鏡」(十巻)を「三鏡」と称して、江戸時代後期に刊行したもの。「大鏡」は嘉祥3年(850)から万寿2年(1025)までの歴史を紹介する。「水鏡」は神武天皇から仁明天皇までの事績が記され、「増鏡」は治承4(1180) 年から元弘3(1333)年までの事跡を編年体で記す。伊予国関係では、「大鏡」に承平・天慶の乱(関東の平将門の乱、瀬戸内海の藤原純友の乱)に関する記述があり、将門と純友が共謀して乱を起こしたとが記されている。史実か否かは不明であるが、大鏡成立時には共謀説が流布していたことがわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

三鏡(大鏡・水鏡・増鏡)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大鏡〈巻第二、五、七/〉
医心方(半井家本)
晋書列伝巻第五十一零巻
蒙求残巻
伝福岡県内経塚出土遺物(重要美術品)
ページトップへ