観梅円窓美人図 かんばいえんそうびじんず

江戸 / 和歌山県 

川合小梅 (1805~1889)
かわいこうめ
江戸時代後期
絹本著色
131.0×58.0㎝
一幅
和歌山市湊本町3‐2
和歌山市立博物館

川合小梅(1805~1889)は紀州の女性画家。長期にわたって書き記した日記『小梅日記』の筆者としても著名。画家としての小梅は、野呂介石の門人・野際白雪に絵の手ほどきを受け、花鳥画や美人画を得意とした。本図は、満開に咲き誇る白梅を円窓から眺める女性が描かれている。早春の色香漂う画面が構築され、小梅の画家としての力量がいかんなく発揮されている優品。

作品所在地の地図

関連リンク

観梅円窓美人図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

那智三瀑図
那智三瀑図

野呂介石

松林山水図 
松林山水図 

野際白雪

金箋山水図
金箋山水図

野呂介石

野呂介石 雪景山水図
松林閑居図
松林閑居図

野呂介石

ページトップへ