銛頭 もりがしら

考古資料  骨角・牙・貝製品類 / 縄文 / 日本  東北  宮城県 

縄文時代
長さ8.2cm
1点
泉沢貝塚

中央の穴に獲物を獲物を引きよせるための紐を結び、下方から柄をさし込む。カエシの部分が二又に分かれ、燕の尾に似ていることから「燕型銛頭」とよばれる。長さ8.2cm。縄文時代。北上町泉沢貝塚。

作品所在地の地図

関連リンク

銛頭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銛頭
銛頭
遮光器土偶
骨箆
ペンダント
ページトップへ