大般若波羅蜜多経巻第四百九十五(薬師寺経) ダイハンニャハラミッタキョウカンダイ495(ヤクシジキョウ)

その他の画像全3枚中3枚表示

制作地:日本
奈良
紙本墨書
縦 27.3 cm 横 963 cm
1巻
銘文:巻首に「薬師寺印」 紙背に「薬師寺金堂」黒印あり
重美

巻首に「薬師寺印」の朱円印、紙背に「薬師寺金堂」の黒印が捺してあり、もと薬師寺に伝えられていたので『薬師寺経』と称される。また古くからの伝承によれば、筆者を空海の書道の師という朝野魚養とし、『魚養経』とも呼ばれる。現在、薬師寺には三十七巻、藤田美術館には三百八十七巻と多数の経巻が存している。

作品所在地の地図

関連リンク

大般若波羅蜜多経巻第四百九十五(薬師寺経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若波羅蜜多経巻第二百三十一(薬師寺経)
大般若経 巻第九十六(魚養経)
紙本墨書大般若経巻第二百七
大般若波羅蜜多経巻第五百三十一(東大寺八幡宮経)
大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
ページトップへ