秩父吉田の龍勢 ちちぶよしだのりゅうせい

その他の画像全6枚中6枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

指定年月日:20180308
保護団体名:吉田龍勢保存会
備考:公開日:毎年10月第二日曜日(※指定当時・詳細は地元教育委員会等へ問い合わせください)
重要無形民俗文化財

本件は,埼玉県秩父市下吉田にある椋神社の秋季例大祭に,龍勢と呼ばれる打ち上げ式の煙火を製造し,五穀豊穣や天下泰平等を祈願して奉納する行事である。
龍勢は,松材をくりぬいて作った火薬筒に黒色火薬を詰めてタガを掛け,竹製の矢柄を長く取り付けたもので,全長は20mほどあり,「農民ロケット」とも呼ばれている。
 龍勢の製造と打ち上げは,耕地と呼ばれる小集落を基礎とする27の流派ごとに行われ,この流派が製造技術や仕掛け等に独自の伝承と系統を持つ。例大祭当日は,芦田山の麓に設けられた櫓から,30本の龍勢が一日かけて打ち上げられる。口上の後,点火された龍勢は,白煙を噴きながら300mほど上空まで舞い上がり,背負物と呼ばれる落下傘や唐傘,有色の花火玉等の仕掛けを空中で鮮やかに展開させる。
(解説は指定時のものをもとにしています)

関連リンク

秩父吉田の龍勢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小菅の柱松行事
浦佐毘沙門堂の裸押合
義長神社の大祭
秩父祭の屋台行事と神楽
那智の扇祭り
ページトップへ