旧池田家住宅洋館 きゅういけだけじゅうたくようかん

その他の画像全4枚中4枚表示

住居建築 / 大正 / 東北 

秋田県
大正/1922
鉄筋コンクリート造、建築面積151.34㎡、二階建、銅板葺
1棟
秋田県大仙市高梨字大嶋1番1
重文指定年月日:20171128
国宝指定年月日:
重要文化財

  旧池田家住宅洋館は,大正11年,東北屈指の大地主として知られた池田家の広大な屋敷地に建てられた。東北地方北部において鉄筋コンクリート造を採用した初期の建築で,設計は地元出身の今村敬輔が手がけた。
 洋館は2階建で,ドームを載せた塔屋を正面に設ける。外観は簡明な意匠とするが,要所を幾何学模様で装飾し,外壁は白磁タイル貼とする。室内は壁に金唐革紙を貼り,華やかに仕上げる。食堂兼音楽室や玉突室等の迎賓用途に加え,地域のための図書館という公共的な機能を備えており,地方の素封家による邸宅経営の一端をよく示すとともに,地方における建築技術・意匠の受容と展開を理解する上で,高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

旧池田家住宅洋館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧村山家住宅 美術蔵
旧村山家住宅 衣装蔵
旧亀岡家住宅
三河家住宅
旧諸戸家住宅(三重県桑名市) 洋館
ページトップへ