海老喜味噌醤油仕込蔵 えびきみそしょうゆしこみぐら

建造物 / 江戸 / 東北 

宮城県
江戸/1830~1868
土蔵造平屋建、金属板葺、建築面積82㎡
1棟
宮城県登米市登米町登米字寺池三日町22
登録年月日:20180510
登録有形文化財(建造物)

主屋背面に東西棟で建つ。外壁は漆喰塗で腰を海鼠壁とし、主屋と作業場への戸口二箇所を開く。柱は半間ごとに立て、小屋組は曲梁を用いた和小屋と登梁を交互にかけ、高い作業区間を確保している。敷地内で最も古い建物で、創業時の商いの様相をよく留める。

作品所在地の地図

関連リンク

海老喜味噌醤油仕込蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

海老喜旧醤油仕込蔵(海老喜ホール)
海老喜旧酒蔵(蔵の資料館)
海老喜表蔵
海老喜主屋
海老喜文庫蔵
ページトップへ