馬見岡綿向神社祭礼渡御図絵馬 うまみおかわたむきじんじゃさいれいとぎょずえま

有形民俗文化財 / 江戸 / 近畿 

滋賀県
江戸/1812年
板絵彩色額装
縦206cm、横422cm
1点
蒲生郡日野町村井705
指定
指定年月日:20171124
有形民俗文化財

絵馬に描かれた渡御行列は、弘治3年(1557年)、蒲生氏郷の祖父である蒲生定秀が祭礼を再興した様子を描いたものであるとされる。画題に日野の歴史を象徴する存在である蒲生氏を登場させることで当時の日野の人たちが理想とした渡御行列の姿を描いたものである。一方で、御輿3基が渡御する祭礼の形態は現在においても同様であり、神輿の形状は、現存する神輿と類似している。芝田楽や獅子、神輿などは現在の祭礼渡御行列にも受け継がれている出し物であることなどから、日野祭の歴史的変遷過程を研究するうえでも貴重な資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

馬見岡綿向神社祭礼渡御図絵馬チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松山祭礼神輿宮出之図
姥神大神宮渡御祭
古川祭の起し太鼓・屋台行事
上野天神祭のダンジリ行事
阿蘇の御田植
ページトップへ