コボウォータジェットルームH105型 こぼうぉーたじぇっとるーむえいち105がた

その他 / 昭和以降 

チェコ
スロバキア
昭和以降/1961
120×180×140
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
株式会社豊田自動織機

ウォータジェットルームは1995年にチェコのコボ社が発表し、1960年代に入って実用化されました。よこ入れに噴射水流を使用するため、高速化でき、騒音・振動も減少しましたが、水を使用するため天然繊維には適さず、合成繊維に使用されました。
展示機は、チェコのコボ社で1961年に製造された、日本で唯一現存している実用化当初のウォータジェットルームです。

関連リンク

コボウォータジェットルームH105型チェックした作品をもとに関連する作品を探す

マクスボエアジェットルーム MP-9型
RY型リング精紡機
豊田ウォータジェット織機 LWT810型
高速カード
高速練条機
ページトップへ