子供と猫 こどもとねこ

絵画  油彩画 / ヨーロッパ 

ピエール ボナール (1867-1947年)
ぼなーるぴえーる
1906年頃
画布,油彩
62.5 x 45.5cm

 部屋には柔らかな光が射し込み、猫を抱いた少女が食事を待っている。白い食卓と猫と少女がひとつに溶け合い、背後から浮き立ってピラミッド型の安定した構図を形成し、画面を水平に横断する2本の線と少女や食卓に置かれた瓶などが生み出す垂直方向の動きとが相まって、画面にはさらに堅固な骨格が与えられている。やや俯瞰的な画面では、右下の果物が一部切断されて描かれることによって、見るものとの関係がいっそう親密になり、ボナールが浮世絵あたりから学んだスナップショット的な感覚をうかがうことができる。きびきびした筆致で描かれた画面には、豊かなマティエール感が生れ、穏やかな色調の中で、ところどころに配された鮮やかな色彩が画面を小気味よく引き締めている。身近な光景を芸術へと昇華させたアンティミスト(親密派)ボナールの卓越した技量の冴えをうかがうことができる作品である。(Kr.H)

作品所在地の地図

関連リンク

子供と猫チェックした作品をもとに関連する作品を探す

窓辺の女
窓辺の女

エドゥワール ヴュイヤール

犬を抱く少女
犬を抱く少女

フリンク、ホーファールト

青い服を着た若い女
青い服を着た若い女

ルノワール、オーギュスト

饗宴
饗宴

フランケン、フランス(子)

少女の首
少女の首

三岸好太郎

ページトップへ