弁財古墳 鏡板付轡 ベンザイコフン カガミイタツキクツワ

制作地:日本
古墳
1点

京都府福知山市の牧古墳群中にある弁財1号古墳から出土した遺物。古墳は直径20m、高5mの円墳で、墳頂に弁財天を祠るほこらが建っている。昭和30年に偶然石室の東側面が掘削され、内部の遺物がとりだされた。
横穴式石室は長さ5.5m、幅1.8m、高さ2mで、比較的規模のおおきなものであった。正式の発掘調査ではないために遺物の配置状況などは不明である。周囲に鈴を付けた八鈴鏡、金銅製の鈴、馬具の轡・杏葉・辻金具、武器としての鉄刀・鉄槍・鉄鏃、須恵器の高杯や台付き長頸壺などが出土している。とくに馬具の轡が4組もある点が注意される。
古墳時代後期、6世紀末~7世紀初頭頃の古墳である。

作品所在地の地図

関連リンク

弁財古墳 鏡板付轡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

弁財古墳 鏡板付轡
弁財古墳 金銅鏡板付轡
弁財古墳 金銅鏡板付轡
弁財古墳 杏葉
弁財古墳 須恵器 高杯
ページトップへ