足利尊氏御判御教書 あしかがたかうじごはんみぎょうしょ

歴史資料  文書・書籍 / 南北朝 / 日本 

南北朝時代/文和四年(1355)3月2日付
紙本墨書
縦31.0cm 横47.5cm
1幅
長母寺長老宛

長母寺(名古屋市東区・臨済宗東福寺派)に対し、「凶徒」退治の祈祷を命じた文書。当時、長母寺は足利政権・北朝方と結ぶ有力寺院であったため、ここでの「凶徒」は、南朝方勢力をさしている。左下に据えられているのが、尊氏がみずから筆をとった花押(書き判)である。

作品所在地の地図

関連リンク

足利尊氏御判御教書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

足利尊氏御判御教書(国分家文書)
足利尊氏御判御教書
日頼寺文書 附 毛利元就遺品
日頼寺文書 附 毛利元就遺品

足利尊氏・大内盛見・毛利(穂田)元清他

菩薩本行経巻中(足利尊氏願経)
足利義詮書状
足利義詮書状

足利義詮

ページトップへ