短刀 銘 吉光 名物 後藤藤四郎 たんとう めい よしみつ

工芸  金工 / 鎌倉 / 日本 

鎌倉/13世紀
身長27.6 中心長11.5
一口
国宝

 吉光は鎌倉時代中期の粟田口派の刀工で「藤四郎」の通称で世に知られている。江戸時代には正宗、郷義弘とともに三作と呼ばれ、ことに珍重された。短刀を好んだとみえ、比較的多く伝えられている。それらの中でもこれは大振りで、華やかな作行きである。『享保名物帳』によると、後藤庄三郎三次が所持していたことから「後藤藤四郎」の名があるという。寛永十六年(一六三九)九月、三代将軍家光より二代光友が五月雨郷の刀とともに拝領した。

作品所在地の地図

関連リンク

短刀 銘 吉光 名物 後藤藤四郎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短刀〈銘吉光(名物後藤藤四郎)/〉
短刀 銘 吉光 名物信濃藤四郎吉光
短刀  無銘 正宗 名物 庖丁正宗
短刀〈銘国光(名物会津新藤五)/〉
短刀〈無銘伝正宗(名物一庵正宗)/〉
ページトップへ