野辺地の山車行事 のへじのだしぎょうじ

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 

野辺地町指定
指定年月日:20180525
無形民俗文化財

江戸時代においては、盛岡藩の商港として栄え日本海廻りの文化・人が移入してきた経緯から、海路により固定型の山車(やま)(津軽・下北系統のヤマ)が移入され運行されていたが、明治以降、陸路により南部地方の風流(ふりゅう)山車(だし)(県南東部の山車(だし))が取り入れられ、現代の風流(ふりゅう)山車(だし)を中心とした山車(だし)行列として変化したものと考えられる。

関連リンク

野辺地の山車行事チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日立風流物
川越氷川祭の山車行事
日立風流物
日立風流物
川越氷川祭の山車行事
ページトップへ