徳川家宣国書写 とくがわいえのぶこくしょうつし

歴史資料 

日本国王源家宣
江戸時代
紙本墨書
縦50.7 横101.6
1通

江戸幕府6代将軍徳川家宣(1662〜1712)から朝鮮国王宛てに出された国書の写し。これまで内容自体は知られていたが、将軍印にいたるまで正確に写した資料の出現は初めてのことであり、きわめて貴重である。この国書作成の背景には、教科書にも登場する新井白石(あらいはくせき:1657〜1725)の「正徳の治(しょうとくのち)」がある。儒学の影響を強く受けたこの改革では、国内施策だけでなく外交面でも様々な変革が実施された。とりわけ江戸時代日朝関係における最重要外交文書である両国の国書の様式を改めて、日本と朝鮮の関係を対等なものとし、朝鮮通信使の待遇を簡略化した点が特記される。

作品所在地の地図

関連リンク

徳川家宣国書写チェックした作品をもとに関連する作品を探す

朝鮮通信使遺跡<BR/> 鞆福禅寺境内<BR/> 牛窓本蓮寺境内<BR/> 興津清見寺境内
対馬宗家関係資料
朝鮮国書
詠詩三首
詠詩三首

新井白石筆

対馬宗家倭館関係資料
ページトップへ