註楞伽経巻第一 チュウリョウガキョウカンダイ1

その他の画像全3枚中3枚表示

制作地:日本
奈良
紙本墨書
縦 27.5 cm 横 2437 cm
1巻
銘文:貞観十九年、元慶三年儀遠校點の奥書あり
重文

『楞伽阿跋多羅宝経(りょうがあばたらほうきょう)』(劉宋(りゅうそう)・求那跋陀羅(ぐなばつだら)訳)いわゆる『四巻楞伽経』の註釈で、大敬愛寺沙門智厳撰である。経文は一行十乃至十一字詰の大字、註は二行で割註とする。これと僚巻と目されるものには、知恩院の巻第五、根津美術館の巻第七が知られている。巻首序文の前節を欠き、巻末には光緒八年(1882)黎庶昌の識語がある。

作品所在地の地図

関連リンク

註楞伽経巻第一チェックした作品をもとに関連する作品を探す

註楞伽経 巻第七
絵因果経巻第四上(二十五行)
大般若経 巻第三百四十五(神護寺経)
絵因果経
大般若波羅蜜多経巻第四百九十五(薬師寺経)
ページトップへ