西王母 穆王図 セイオウボ ボクオウズ

絵画 

興牧
制作地:日本
室町
紙本墨画淡彩
縦 96.7 cm 横 33.2 cm
1幅
銘文:「禅■」(白文方印) 「興牧」(白文方印)

西王母は崑崙山に住んだ仙女で、不老不死の薬を持っていた。周の穆王が西王母に会い、楽しんで帰るのを忘れたという故事を描く。
禅阿と興牧の印があり、祥啓の弟子興牧の筆と知られるが、筆数が多く、洗練さに欠ける画風は鎌倉派画人の特色を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

西王母 穆王図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花鳥図
花鳥図

祥啓

巖樹遊猿図屏風
巖樹遊猿図屏風

式部輝忠

馬図  
馬図  

祥啓

山水図
山水図

池大雅

魚藍観音図
魚藍観音図

円山応挙

ページトップへ