松林閑居図 ショウリンカンキョズ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 

野呂介石
制作地:日本
江戸
絹本著色
縦 124.2 cm 横 49.3 cm
1幅
銘文:「黄鶴山樵句擬其筆意 介石隆」 白文方形 「第五隆印」

野呂介石(のろかいせき:延享四-文政二、1747~1828)、名は隆、字を隆年といい、竹石・混済・四碧道人などの号がある。和歌山に生まれ、同地の文人で『玉洲画趣』や『絵事鄙言』の著者によって文人意識を論理化した桑山玉洲について絵を学ぶ。のち京都に出て池大雅に学んだが、寛政九年(1797)に紀州藩の絵師となった。文人画家が御抱絵師になったのは余り例がない。

作品所在地の地図

関連リンク

松林閑居図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図
山水図

野呂介石

那智三瀑図
那智三瀑図

野呂介石

金箋山水図
金箋山水図

野呂介石

那智瀑布図
那智瀑布図

桑山玉洲

蘭石図
蘭石図

桑山玉洲

ページトップへ