大日本金龍山之図 だいにほんきんりゅうざんのず

版画  銅版画 / 江戸 / 日本 

亜欧堂田善画
あおうどうでんぜん
江戸時代
紙本銅版筆彩
25.7×53.0cm
池長孟コレクション

 亜欧堂田善は司馬江漢と並ぶ江戸時代の代表的な銅版画家で、江漢が銅版画制作から遠ざかっていた文化年間(1804~1818)に多くの作品を描いている。彼の後楯となった松平定信は江漢の銅版画を細密でないと批判し、より精緻(せいち)な製品を求めた。その要請にこたえて田善は高度な技法を習得し、それを世界地図などの実用画や多くの風景画の制作に発揮している。
 浅草寺のにぎわいを描いた本図は、江戸時代の鑑賞用銅版画としてはかなり大作のものだが、的確な描線で描きこまれた密度の高い画面が構成され、遠近法や陰影表現もうまく消化されており、職人的芸術家(アルチザン)ともいわれる田善の円熟した技量をよく示している。

作品所在地の地図

関連リンク

大日本金龍山之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色相州鎌倉七里浜図〈司馬江漢筆/二曲屏風〉
江戸近国風景
江戸近国風景

安田雷洲画

曳馬図
曳馬図

亜欧堂田善筆

今戸瓦焼図
今戸瓦焼図

亜欧堂田善筆

異国風景人物図
異国風景人物図

司馬江漢筆

ページトップへ